いざ挑戦!宅建とって不動産業界に転職しよう

不動産業界に転職をした場合においては、誰もが即戦力を夢見ていると思われます。その為のポイントについて考えます。

不動産業に転職して即戦力を目指す

営業職の求人広告においては、不動産業の募集記事を多く見かけます。全国各地に数多くの不動産業者がありますが、やはり人材が第一の条件になるのでしょう。そして、縁あって不動産業界に転職をされた場合においては、やはり即戦力を目指したいものであります。勿論、同じ業界からの転職であれば、問題ないと思われますが、これが異業種からであれば、業界独自の慣習から理解する必要性があります。不動産業界は、一種独特でありますので、業者間の礼儀や仁義といった慣習を踏まえた営業活動は大切であります。

さて、異業種から不動産業界への転職を果たされた場合には、まずは自社のテリトリーについて知ることから始めます。手始めに、沿線や国道とかの幹線道路、そして各町の場所を把握することです。そして、大型の住宅団地や分譲マンションを覚えていきます。このときに、上司からもアドバイスを貰えれば覚える作業も早くなるでしょう。入社当初頃の飲み会とかは、好適の場なのかもしれません。積極的にコミュニケーションを図っておきたいものであります。

そこまで覚えたら、現在売りに出ている物件について覚えていきます。この場合には、時間を見つけて現物も見ておきたいものです。特に自社が預かっている物件においては、室内まで確認しておくことです。この様にしながら、坪単価についても把握して行くことで、テリトリー内の相場観が磨かれていきます。いずれにしても、数多くの物件に接することが、一人前になる近道であるものと理解して業務に励みたいところであります。

Copyright (C)2017いざ挑戦!宅建とって不動産業界に転職しよう.All rights reserved.