いざ挑戦!宅建とって不動産業界に転職しよう

不動産関係の転職に対して有利に働く資格や資質があります。その内容のいくつかを紹介していきたいと思います。

不動産関係への転職に有利なこと

転職を考える際に不動産関係というところを考える方もあるかもしれません。不動産関係は専門性が高い仕事であると同時に独立への道も開けている業種でもあります。しかし、専門性が高いということは資格などを特別に必要とするというケースも多く、不動産関係の仕事の場合、それは宅地建物取引主任者、いわゆる宅建になります。物件の賃貸や売買に必要な重要事項の説明はこの宅建資格を持つ方が扱う必要があり、この資格の有無で仕事の幅が大きく変わってきます。また、会社によってはこの資格についての手当てを出すところもあるため、転職に大変有利な資格となっているのです。約15%程度といわれている難関の試験ではありますが、準備をきちんと行えば、合格の可能性が高まります。

余程の大企業でもない限り、地元情報に通じているということは不動産関係のお仕事には欠かせないことでもあります。引っ越しであったり、あるいは購入、売却ということについても地元の人となりに通じている方でなければ信頼を十分に得ることが出来ません。そのための小さい地域に向けたアンテナというものを張り巡らせることというのは資質として必要なことであるといえるでしょう。求められる基本的な社会人としてのマナーだけではなく、物件を通じて、人と人あるいは人と企業というものを結びつける仕事が不動産業です。また、財産とみなされる、ものを取り扱う仕事ですので、人としての誠実さや真摯さをより多く求められる仕事だといえます。

Copyright (C)2017いざ挑戦!宅建とって不動産業界に転職しよう.All rights reserved.