いざ挑戦!宅建とって不動産業界に転職しよう

不動産の営業の仕事に転職をしたことは、私にとってはやりがいがありますので、良かったと感じています。

私が不動産の営業に転職をした理由

私は学校を卒業してから7年間の間、同じ会社に勤めてきました。営業職であった私の成績は常に上位をキープしてきましたが、給料に関しては固定給で歩合がほとんどないために、同僚と変わらない金額でした。給料体系は就職するときに知っていたことでしたが、自分の能力を生かして高い賃金を稼ぎたいと考えて、転職を決意しました。そこで私は不動産の営業の仕事をしたいと考えました。不動産の営業は会社にもよりますが、歩合が大きい仕事ですので、契約数に応じた賃金を得ることができるのです。そこで、不動産の営業職になるべく、転職活動をしました。

不動産の営業職は人手不足の所も多く、営業経験がある私は比較的簡単に転職をすることができました。不動産業界は未経験でも受け入れてくれるので、ありがたいと感じました。転職に成功して感じたことですが、不動産、特にマイホームをお客様に紹介する仕事は、大きな金額を動かすことになる責任感と、マイホームという生涯に1度の大きな買い物をサポートすることで、お客様と喜びや悩みを共有することのできる仕事です。それは奥が深く、なかなか答えの見つからない世界ですが、毎日が日々勉強で、学ぶことが多く非常に充実した毎日を過ごすことができています。給料に関しても、自分の働きが直接反映することになるので、前職の倍ほどのお金を稼ぐことができています。お客様のために、親身になり、物件を一緒になって探すこの仕事は、私にとってとてもやりがいがあります。私は不動産の営業に転職をして良かったと感じています。

お勧め情報

Copyright (C)2017いざ挑戦!宅建とって不動産業界に転職しよう.All rights reserved.